気まま空間

マーケティング、食べある記、スピリチュアル、音楽、酒・・・的な

スポンサーサイト

2013.04.10 Wednesday
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- | - | - | pookmark |
 

ドリンク全品半額の中華料理店|鉄鍋餃子、八宝菜@東北餃子楼(八丁堀)

2009.03.18 Wednesday 06:12
 
090317_1935~0001.jpg
鉄鍋餃子 大(8本)(¥580)、八宝菜(¥780)@東北餃子楼(八丁堀)

<マーケティングの視点>


17〜23時まで、ドリンクが全品半額!
思い切った販促です。

例えば、生ビール(一番搾り)中なら ¥420が ¥210。
生中が¥210というのは、
この界隈では最安値でしょう。
(注ぎ方とかはベストではありませんが、この値段なら満足です)

火曜の夜ということで他店が集客に苦労している中、
ここは席が7割は埋まっています。

キッチンスタッフ×3人、ホールスタッフ×1人。
ホールの女性(中国人?)はかなり忙しそうですが、
頑張って愛想よく接客しています。
繁盛店の余裕を感じます。

ちなみに料理の価格設定は、
この辺の中華料理としては普通です。

ドリンクが全品半額で激安でも、
サービスが悪ければ繁盛しにくいというか、
集客できても、良質なお客さんには避けられてしまいます。

でもここのように接客サービスも良ければ、
多くの人に愛される繁盛店になれるわけです。

090317_1943~0001.jpg
八宝菜

割とシンプルな塩味です。

090317_2009~0001.jpg

090317_2010~0001.jpg


 
飲食店のマーケティング | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 

格安生ビールでマインドシェアを獲得|岩磯のりラーメン@由○(中央区日本橋茅場町)

2009.03.10 Tuesday 22:43
 
090309_1917~0001.jpg
岩磯のりラーメン(¥860)@由○(中央区日本橋茅場町)

なんだか海苔を思いっきり食べたくなったので
これを頼んでみました。

岩磯のりととんこつスープとの相性は
とても良いですね。

<マーケティングの視点>


ここのラーメン店の強みの一つは、
生ビール(中)が¥390なこと。

この辺の生中の相場は¥550〜¥650なので、
なかなかお得です。
(19時までは割引しているお店は幾つかありますが。)

生中を飲みたくなった時に、
財布に優しいこのお店を
ふと思い出すのです。

そうは言ってもラーメン店なので、
お酒に合う一品料理はまだ手薄です。
これが充実すれば、お客さんが激増しそうです。

ただし、ラーメン店が“飲み屋さん化”すると、
純粋にラーメンを食べたい人は入りにくくなるので、
その辺はオーナーの経営方針次第ですね。

私は、いち利用者としては、
余り混んでいない今の状態が
好きだったりするわけで…。


 
飲食店のマーケティング | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 

まかない汁でマインドシェア獲得|とんかつ定食+まかない汁@定食亭(新富1-10)

2009.02.05 Thursday 06:22
 
090204_1943~0001.jpg
まかない汁でマインドシェア獲得|とんかつ定食(¥780)+まかない汁(¥200)@定食亭(新富1-10)

とんかつが小さく見えるほど
ボリュームのある『まかない汁』。
なかなか魅力的です。

いつもは日替わりの『まかない汁定食』(¥780)を頼むのですが、
今日は少々無理を言って
『とんかつ定食』にまかない汁を付けてもらいました。


<マーケティングの視点>


今から発行予定(ASPにセット済み)のメルマガにも書いているのですが、
不況下で消費者の財布の紐が固い中、
自分の商品・サービスを選んでもらうためには、
マインドシェアの獲得が必須です。

「○○を買うなら□□で買おう」
「○○のことは□□に相談しよう」
…というように、
顧客・見込客に一番に思い出してもらえる存在に
なる必要があります。

ここ『定食亭』の場合、
「定食を食べたくなったら定食亭」
「まかない汁が欲しくなったら定食亭」
…というマインドシェアを獲得しているので、
平日は閑古鳥の鳴く飲食店が多い八丁堀〜新富界隈でも、
なかなか賑わっています。

あとは再来店を促進するマーケティングをすれば、
更に繁盛するでしょう。


 
飲食店のマーケティング | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 

飲食店のポイントカードと顧客名簿|担々麺(担々刀削麺)@西安料理 シーアン 茅場町店

2009.02.04 Wednesday 04:35
 
090203_2113~0001.jpg
担々麺(担々刀削麺)(¥850)@西安料理 シーアン 茅場町店

この『担々麺』、初めて頼んでみたのですが、
なかなか変わっています。
辛さはほとんどなく、
代わりに酸味が結構あります。

酸っぱさが“ウリ”の『サンラー刀削麺』と
どっちにしようか迷ったくらいなので
私にとってはある意味ちょうどいいのですが、
一般的な担々麺を期待して頼んだ人には、
ギャップがあるかもしれません。

ところで担々麺って、
たいがい野菜がほとんど入っていないですが、
慢性的に野菜不足の私としては、
野菜のたっぷり入った担々麺を食べたいです。
「担々タン麺」みたいなの(笑)
出してるお店があったら教えてください。

去年突然閉店してしまった
浦安『料理職人』の『翠鳳担々麺』を思い出します。
普通の担々麺とは違う感じではありましたが、
野菜がたっぷり入っていました。

<マーケティングの視点>


ここのポイントカードはお得で、
作った(入会した)日からデザートかソフトドリンクが
毎回付くようになります。(他にも特典あり)


090203_2135~0001.jpg
私の定番は『杏仁豆腐』(定価は¥380)。

そして今回でポイントカードのポイントが6個で満杯となり、
次回ゴールドカードが支給されます。

ゴールドカードがあると、これまでのサービスに加え、
お会計から5%引きとなります。

氏名や誕生日などの情報を提供するので
DMか何かが届くようになるかもしれませんが、
どうせ時々行くお店であれば、
DMが来てもクーポン券などが付いていたら悪い気はしないし、
とにかく常時5%引きはありがたいものです。

逆にお店側にとってみれば、
顧客名簿を持てれば、
販促にいくらでも生かせます。
(名簿があっても全然販促に活かしていないお店も多いですが…)

不況で外食産業は大変です。
顧客名簿をどう活かすかは、
経営の明暗を分けることになります。




 
飲食店のマーケティング | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |