気まま空間

マーケティング、食べある記、スピリチュアル、音楽、酒・・・的な

スポンサーサイト

2013.04.10 Wednesday
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- | - | - | pookmark |
 

思い出のカレー店『日本橋亭』と、『ナワブ』|キーママタル&ナワブオリジナルカレー@ナワブ(新川)

2008.03.28 Friday 00:59
 
080327_2053~0001.jpg
キーママタル(¥1050)&ナワブオリジナルカレー(¥1250)@ナワブ(新川)

ここ『ナワブ』は四年前に、
当時東京駅八重洲の裏通りにあった美味しいカレー店『日本橋亭』を
惜しまれながらもたたんだばかりの山下さん(店長)夫妻に、
「オススメ」ということで連れて来てもらった
思い出深いインド料理店。

その一回以来、実に四年ぶりです。

美味しいし近く(時々お店の前を通る)なのに
何故四年も来なかったのか?

私自身その理由が解らなかった(考えてもみなかった)のですが、
今(食事の二時間半後)この記事を書きながら解りました。

四年前、確かに『ナワブ』はとても美味しかったのですが、
私の頭の中は、目の前に座っている山下さん夫妻に対する寂しさ・・・
つまり、大好きでよく通ったカレー店『日本橋亭』、
山下さん夫妻が夢を持って運営していたカレー店が、
私が力になれない内(当時私は単なる一顧客だった)に閉店を決め、
店じまいしてしまったことに対して、
とてもつらく悲しい思いでいっぱいだったのです。

その時のやりきれなさが、
私のコンサルタントとしての使命感を支える一つだと言えるでしょう。


そんなこんなで、ある意味では初めてじっくりと味わう『ナワブ』のカレー。
かなり美味しいです。

店長のナワブさんも、とても温かくて腰の低い方。
これからは時々お邪魔することでしょう。

『ナワブオリジナルカレー』は、
柔らかいラム肉をパイナップルなどたくさんのフルーツで煮込んだカレー。
『キーママタル』は
鶏挽き肉とグリンピースのカレー。

ティッカは普通のの二倍ぐらいの大きさで、
ビールとの相性もバッチリ。

ラッシーは、普通のやマンゴーラッシーの他に、
バナナラッシーやイチゴラッシーなんてのもあり、
こちらもインド料理によく合います。

 
グルメ:マーケティング的食べアル記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 

スポンサーサイト

2013.04.10 Wednesday 00:59
 
 
- | - | - | pookmark |
 

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック